SpySpotterは詐欺プログラム

今日の訪問先は「パソコンが遅くなったから見てよ」でした。
パソコンのプロパティからメモリをみたら224MBだったので、1GBのメモリを購入して取り付けることを約束してから
少しでも早くしてあげようとmsconfigのスタートアップからいらない常駐をスタート時起動しないように設定してたら、見慣れないSpySpotter.exeがある。これってなんだろうとパスを探しても存在しない。タスクトレイにも無い。不思議と思ってコントロールパネルからプログラムの削除をしようとしても存在しない。なんだろうとインターネットで検索したらマルウエア(ウイルス)みたい。メーカーの富士通に優秀な方々がいるので質問したら、それはリカバリが一番だと言われた。セキュリティはソースネクストの「ぜろ」を使用してる。「ぜろ」ウイルスを通過させちゃったのかい?おい「ぜろ」。「ぜろ」ただ遅くして見張りしてるだけじゃだめなんだよ~。とめなくちゃーーー
これのため遅くなったのだろうか。今回のお客様はメールは一切しないということで拡大被害にはあってないようですが。。。ウイルスをこのような形で発見したのは初めてでした。
「ぜろ」をやめることも提案しました。

AUTHOR: ようこさん
DATE: 04/22/2009 07:50:50 PM
自己レスです。このマルウエアはユーザーがダウンロードしたから入ってきたようなので。ウイルスとは「ぜろ」は認識しなかったようです。アンチスパイウエアソフトのような顔をして、お金を何ドルか要求し、カード番号を入力するとつぎつぎとやなことにあうマルウエアで、フィッシングのようなものらしいです。自己責任もあると言いますが、みな素人なのです。でもだいたいの人は「私は何もしてない」「この間来た息子の友達が・・」とか言います。パソコンメンテナンスは分からない人にとっては騙されたと思いたいものなのかもしれません。私も気をつけないと・・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する