気持ちがあっちこっち

来年は午年(牛でなくてウマと読みます)なのだなぁと思って馬の写真を見ていたら流鏑馬のサイトに行ってしまった。かっこいいなー 流鏑馬、やってみたかったな流鏑馬。競馬でなくて、馬の走るところを見るのは大好き!
二子玉川には私が4~5歳くらいのころの、「こころの風景」があります。ほんとに田舎だったんですよ。
父が連れて行ってくれた二子の土手に馬がたてがみをなびかせて気持ちよさそうに走ってました。ほほを過ぎる風がきもちよく「なんて素敵などころなんだろう」と感激しました。二子の農家はどれも軒の深い大きい家で喉が渇いたと頼めば井戸水を汲んでくれました。脳裏に焼き付いてる父との思い出です。

流鏑馬描いてみました。馬の顔が難しいです。もうちょっとかきたす予定です。

やぶさめ


Category: 夢絵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する