TVを買ったので

TVを買ってDVDも良く見れるので、「銀河鉄道の夜」をレンタルで借りました。今、本を読んでるので表現が気になったからです。なぜ「猫」なのかはなんとなく納得できました。ヒトではだめだったのでしょう。賢治のきらきらする視覚的な表現が分裂症みたいなかんじで(単に私が理解できなからかも・・)筋がつかめません。理解しようとすると難しく視覚的表現を楽しみました。カンパネルラは賢治の妹の化身「あめゆじゅとてちてけんじゃ」の詩の妹です。水に沈むタイタニック「悲劇だけど透明感のある美しさを言いたいのだろう」も潜んでいます。未完成なので不可解もありますがそれも魅力です。好きな場面だけを動画キャプチャーしてつなげました。




コメント

銀河鉄道の夜

素敵な動画ですね、
銀河鉄道999…松本零士のアニメSF映画が余りにもヒットしましたが、…分かったような分からないような、不思議な思いを今も持っています。宇宙戦艦ヤマトに続いて宇宙ものが大ヒットして、皆が宇宙に関心を持ったのは素晴らしい事だと思います。北十字星から南十字星へ、…冥界から現世へ、
宮沢賢治は何を言いたかったのでしょうか、分かるような分からないような、…未完成な物語に???自分流に完成させる、…眠れなくなってしまう…
                   陽子先生へ

2011/02/09 (Wed) 20:32 | (^_^)v #- | URL | 編集
にこにこさんこんばんは

銀河鉄道999はメーテルのでるアニメですよね。こちらは猫が主人公のジョバンニです。映像表現が独特です。後からの宮崎駿作品と似てるところがあります。宮崎駿さんは下敷きにしたのだろうかと思ったり、表現は似通うのかなと思ったりしました。
亡くなったカンパネルラの父親の悲しみを感じさせないそっけない「ものいい」など未完成の感じがします。にこにこさんの思われるとおり私もなんだかすっきりしません。でも言いたかったことは「みんなにしあわせがくればぼくはしんでもかまわない」という賢治の理想の心の状況かなぁと思ってます。

2011/02/09 (Wed) 22:46 | ようこさん #/TjxLqx. | URL | 編集

賢治は霊能力者だったといわれています。

私の解釈では、賢治は死が悲しいことではなく、たんなるあの世への生まれ変わりだということを知っていたために、死は特別なものではないという表現がカンパネルらのお父さんのような形になったんじゃないかなと思います。

今生きている私たちはとかく感情的に死を捉えがちだけれど、臨死体験をした人のことや著作を読むと、必ずしも悲しむべきものではなくむしろ完了して生まれ変われる(変容)、喜ぶべきものだというものの見方もできます。

2011/02/11 (Fri) 09:14 | ねーたん #- | URL | 編集

もう1つおまけにいうと、
死は自分で選ぶものだと思っています。

死ぬ方法も、死ぬ時期も、死に場所も。

そういう観点に立つと、その人にとっての死はその人が選んだものであるから、いかなる形であれ尊重すべきものだという風に私は捉えています。

2011/02/11 (Fri) 09:18 | ねーたん #- | URL | 編集
ねーたんこんばんは

そうかもしれない。「ほんとうのしあわせとはなんだろう」「おっ母さんはゆるして下さるだろうか」がよくでてきます。「おっかさん」を「おっとさん」と読みかえるとおもしろい。私にとってはおっとさんはそのようなものかもしれません。大切なものですが、ないがしろにしがちです。ねーたんといいおっとさんといいかんちゃんといい私には哲学者が3人も後見人としているので幸せです。
賢治の「クラムボンはかぷかぷ笑ったよ」の言葉の響きの春らしさや水に刺す光の様子は何回も推敲した作品と思えますが銀河鉄道の夜にはそれを感じません。カンパネルラの父親のそっけなさはねーたんの言うとおりであったとしても、表現がビジュアルに寄りかかりすぎて未完に思えます

2011/02/11 (Fri) 21:20 | ようこさん #/TjxLqx. | URL | 編集
カンパネルラは賢治

ジョバンニだけでなくカンパネルラ(妹のトシ変じて)賢治なのね
だから「しんでもかまわない」死生観があって、それと同じ死生観を持つ仏教信者の実父があり、母は普通の人だから賢治達子供に生きていてほしいから「おっ母さんはゆるしてくださるだろうか」になるのかな。

2011/02/12 (Sat) 10:08 | ようこさん #/TjxLqx. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する