石井小浪 先生

石井小浪(こなみ) 先生に若竹幼稚園のころバレーを習っていました
こなみ先生は石井獏先生の妹です。自由が丘に練習場がありましたけど

石井こなみ先生については↓を参照
http://www.norikosato-ballet.com/about/teacher/

有名なこなみ先生は出張で若竹幼稚園に教えに来てました。バレーというよりお遊戯みたいなダンスでした
私の通っていた若竹幼稚園は大岡山のはずれにあり、大田区でしたが世田谷区と目黒区に先っちょを挟まれたような場所でした

ちなみに石井漠先生の自宅は洗足にあり練習場がありました。

印象に強いのがチュチュです
白い絹のサテンでモアレが木目っぽいきれいな生地に大きめのスパンコールのはってある だんだんスカートの衣装が箱から出てきたの時のうれしさは格別でした。いいにおいがさーっとして心がざわめく感じ

バレーpage

夏の夕暮れに麦わら帽子をかぶって買い物へいくところかな弟をおんぶしてる母は若いです。
買物を夕食後行くのは時間のない母の楽しみにみえました。私も電灯の光を照明代わりにして
踊りながらついていくのが楽しかった。母は笑ってましたっけ。母の笑顔はうれしいもの。母の涙は子供にはつらいものです。

文化的な地域だったのかな。木馬座もそばにありました、藤城さんにもお目にかかったことがあります
小学校に訪問してくださって人形劇や影絵を講堂で見たことは私の感性に大いに影響をあたえてもらえました
Category: 自分史