FC2ブログ
2018/11/05

展覧会が終了しました

ほっとしてます。どこか行きたーい。

グラスと酔芙蓉s

白いバレリーナ

金の斧

作品を後からみると私はメルヘンが好きなんだと思います
2018/10/05

第16回夢絵展

今年はあまり作品に没頭できません。でもやらなくてはいけないの気持ちで椅子に自分を縛り付けるために
音楽を聴き乍ら描いてます。
さっきはサラブライトマンのTime To Say Goodbyeを聴いてました。
今は井上陽水の少年時代を聞いてます「私のこころは夏模様 うーぅ うーぅ」のとこネ

16回招待状


サイトで見た作品を参考にしてます
今までの出品作品からも出展しようかなと思ってます。
2018/09/25

亀の散歩

大きい亀(身長が28㎝くらい)のシニアらしき亀が家の前の歩道を散歩してました
びっくりしたかずくんが「亀だ~」と大声を出して大騒ぎ。
いったいどうやってどこから来たんだろう???長雨が降ったから飼育プールの水がいっぱいになって
亀は「今だ!」と脱走したんではないかな。
長男が小さいころ庭にいた亀を飼っていて、大雨の後、“たらい”から逃げだしたことがあったっけ。
あの亀が恩返しに来てくれたのかもしれない(と、内心は思った)だって亀って何年も生きるんでしょ
二倍くらいに成長してたもの。
IMG_20180924_122507.jpg

IMG_20180924_122600.jpg

どうしてよいか分からないけど相談の上、多摩川へ還すことになりました
亀は川に放すとすいすい泳いでいったそうです。

今年の9月は雨の日が多いです。隙間をみて大根を植えました(疲)

0924cats.jpg



2018/09/23

コンサート ストラディヴァリウスの響き

千住真理子さんのコンサートを聴きにアプリコへ行きました
とても良い席だったのですけど特別ゲストの千住明さんのトークは聴き取りにくく補聴器が必要なのかと寂しくなりましたけど
ヴァイオリンという小さい躰なのにストラディヴァリウスの大きく広く響く美しい音は心につきささるようにしっかり聴こえました。
ストラディヴァリウスは自身が思い切り奏でてる意識があるような音を出せるんですね。
ショパンの「別れの曲」には涙が出てきました。きれいで清らかでした。

千住真理子さんは普通の時には大人しそうな、優しそうな女性なのに、ヴァイオリンを奏でてるときは別人です。
まるで物の怪が乗り移ったような厳しい表情になり全身全霊で表現してました
とてもよかったです。

sennjyu.jpg

いつまでもコンサートに行って音楽を楽しめますように!
そうそう大田区長さんも舞台であいさつしてました。大田区長さんの声は聞き取りやすかったです。
もごもごしゃべると聞こえないですね。NHKのアナウンサーの声が聞き取りやすいのは訓練されてるからのようです。
区長さんも訓練したのかな?

バッハ   二つのメヌエット
ショパン  ノクターン第2番 作品9-2
ショパン  ノクターン第20番 遺作
ショパン  別れの曲
アイルランド民謡 ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)
クライスラー カヴァティーナ
ドヴォルザーク スラブ舞曲
ブラームス ハンガリー舞曲

荒城の月
浜辺の歌
海を越えた贈り物
風林火山
等が演目でした。

2018/09/15

帯のリフォーム

義母の帯をリフォームしました
日舞が趣味だったので派手目の和服や付属品があります。
帯をほどいてきれいにして
「何にしようかな~」しばらく考える日が数日
新品の生地ではないので、サイズや柄の方向、何に使えるか、喜んでもらえるか 等々
考えた末の作品です。ポーチ、がま口、巾着、袋です

IMG_20180914_190356.jpg

作業がつっかかると嫌になります
「ミシン(←ヤフオクで買ったジャンク品のミシン 確か1000円以内だったと思う)がすぐに止まるよう」
「針さして血が出た」
「この方法だとうまくいかない」
「チャックが難しいよう」
「帯って硬くてまるで畳を縫ってるみたいだ」
「時間がかかって家事ができない」
「仕事の依頼が来た。できないよう」

楽しくなる時もあります
予想よりすすんできれいな姿を見せてくれた時
なんとか終了してミシンをしまう時のやりきったと思える時

また義母の思いを形見として伝えたい気持ちが沸いてくると
「がんばろう」と元気もでます

そうなんです。義母は夏の暑い日になくなりました
その後のもろもろに、悩ましい日々を送ってます

嫁姑として最初からずっと二世帯の隣に住んでいて関係も深かった
だけど嫁としてよくないこともあったと思う
母が一心に私を育てたことと比較してしまい、姑には違和感があった
今、思うといろいろ考えさせられる
手縫をしてると一針ごとに思いが浮かぶ
実の娘のほうを大切にしてたっけ(私もそうだね)
いじわるな時もあったし入院も何回もしたな~
施設に入れる前の認知症の時期は私がふさぎこむ日が続いたっけ
ありがとうって言われたこともあったな~
旅行も一緒に行ったっけ
実の娘がまだ若い時、子供を残して亡くなってしまい
義母はホントに悲しそうで辛そうでかわいそうだった

「おばあちゃん、いろいろあったね。。。。。。今は静かにお寝みください」

布を触ったり、運針をしてると私は内省的になり気持ちが静かになり落ち着きます。